top of page
  • iijima382

オンライン診療が進んでいる科目〜AGA診療

更新日:2023年12月15日



AGA(Androgenetic Alopecia)は、男性型脱毛症または女性型脱毛症として知られ、髪の毛の薄毛や抜け毛の問題を指します。この分野においてオンライン診療は進んでいます。

ここではその内容についてお伝えします。


ちょっと気恥ずかしくて人に言えない、通院するのも人に見られたくないというデリケートな症状のひとつがこの診療科目です。よって必然的に多くの患者さんがオンライン診療を利用されているようです。


  1. 診断と相談:オンライン診療プラットフォームを通じて、皮膚科医や専門医との相談や診断が行えます。患者は自宅から診療を受けることができ、髪の状態や症状に関する情報を提供し、医師から適切なアドバイスを受けることができます。


  1. 処方薬の提供:一部の薬物治療(例:ミノキシジル、フィナステリドなど)は、オンラインで処方されることがあります。医師は患者の診療情報をもとに処方箋を発行し、患者は薬局で処方薬を入手できます。


  1. フォローアップ:オンライン診療では、症状の進行をモニタリングしフォローアップのために医師との定期的なビデオ通話を行ないます。これにより治療効果を確認し、必要に応じて治療プランの調整ができます。


  1. 教育と情報提供:オンライン診療プラットフォームは、患者に対してAGAに関する教育と情報提供を行う場としても利用されています。患者は自身の状態を理解し、治療に関する適切な知識を得ることができます。


  1. プライバシーと快適さ:AGAは先に述べたように多くの患者にとってデリケートな症状であり、プライバシーの問題となることがあります。オンライン診療はプライバシーを保護しながら診療を受ける手段として役立ちます。患者は自宅から気楽に相談できるため、抵抗感が少し減少します。


オンライン診療はAGAの治療において有用である一方、診断や治療のためには顕微鏡検査や生検などの物理的な検査が必要な場合もあります。そのため、一部の症例ではオフライン診療が必要となります。AGAの治療方法は個別に異なりますので、患者は医師(診療機関)と相談し、最適な治療方法を見つけるべきです。


予約、精算等を行なうシステムにFACEHUBを連携させオンライン診療に充てたクライアント様がおります。かんたんな操作でブラウザさえあればデバイスを選ばないFACEHUBはこの分野でも実績を作りつつあります。


閲覧数:6回0件のコメント

Comments


bottom of page